タカユキ

記事一覧(11)

映画『ミッション:8ミニッツ』が面白すぎた件

BSプレミアムでやってたのを録画して半年くらい放置してたんですけど、HDDを占領しているのが邪魔だったんで、そろそろ片付けようかなと思って視聴しました。聞いたことない映画で、あんまり期待してなかったんですけど、いや面白かった!簡単に説明すると、これはタイムループを描いた映画で、軍に所属する主人公が、軍で開発された高度な装置を使って、列車爆破テロの犯人を探すというのが主な筋書です。どうやって列車爆破テロの犯人を探すかというと、列車爆破テロの犠牲者となった人の脳にアクセスして、その記憶の中から捜索をするんです。列車が爆発する直前の8分間を何度も何度も捜索して、そして何度も何度も死ぬという。オールユーニードイズキルなどにも少し似てますね。まあ、この手のプロットは割とあるんですが。タイムループものの爽快だと思う点は、主人公の動きの無駄がどんどん削ぎ落とされていき、成長していくところですね。また、平行世界について描かれるのも考えさせられて良い。あと、主人公が大胆な行動をしても気にならないところですね。どうせループするんだから、どうなったってええわの精神というか。主人公の捜索方法が結構雑なんですよね(笑)いきなり乗客の鞄をひっくり返して携帯探し始めたりして。主人公は最終的には列車爆破テロの犯人をつきとめて、そして列車爆破テロを防ぐことにも成功します。しかし、これはあくまで犠牲者となった人の脳の記憶を使ってシミュレートしてる中での出来事なので、そこでの内容は現実世界には影響を及ぼさないんですね。つまり、列車爆破テロが起きたという事実は変わらないということなのですが…最後にどんでん返しがあるのがこの映画の魅力です。はっきりいって、あんまり予算がかかっない映画なんですが、想像してたよりかなり面白かった。みなさんも是非、観てみてください。ところで、自分は登場人物の多いドラマや映画が苦手です。外国の作品だとなおさら。それはどうしてかというと、顔と名前が覚えられないからなのです。でも、この映画は主要な登場人物が限られてるし、それぞれの人物が特徴的なので、自分みたいな人間でもまったく問題なくて良かったです。

東浩紀の『一般意思2.0』を読んで

自分は、本をただ読むことにそんなに意味があるとは思っていない。重要なのは『読むこと』ではなく、『読んで、それに対して何を思うのか』であると思っている。なので、ところどころに引用を挟みながら、それに対しての感想を書き連ねていきたいと思う。現代社会はあまりに複雑で、すべてを見通せる視線はもはや存在しない。それはすなわち、古典的な選良が存在しないことを意味している。いま「選良」と呼ばれる人々は、現実には特定の「業界」の専門家でしかない。彼らはその業界を離れれば、平凡な消費者、無見識な大衆の一員にすぎない。一流の政治学者が凡百なベストセラーやポップスに涙し、一流の経済学者がネット右翼と変わらぬ偏見を持ち、一流の数学者がじつに凡庸な国家観や家庭観を語ることは十分にありうる。実際にインターネットのようなソーシャルメディアは、かなりその身も蓋もない現実を暴いてしまっている。つまり現代においては、選良と大衆という人間集団の対立があるというよりは、ひとりの人間が、あるときは選良として、またあるときは大衆として社会と関わっていると理解したほうがよい。「大衆の欲望」は、その各人の大衆的な部分の集合として形作られている。それに加えて、選良が大衆を指導する、啓蒙するという構図そのものも問題を抱えている。その発想は現代にはそぐわない。それは、20世紀的な、いやむしろ19世紀的な単純な人間観に基づいているように思われる。 なんというか、あえて反論する箇所もないというか、これには全面的に同意してしまう。今の社会というのは極めて複雑で、その社会の全ての分野に詳しい人間なんて居ない。「専門家」なんていうものは、その専門領域を離れればただのトーシロで、偉そうな大学教授や政治家がTwitterなどでトンチンカンなことを言ってアホ晒しているのを山ほど見る。そういう「専門家」が大衆を啓蒙するというのは、現代にはそぐわない、、、というのは自分も前から思っていた。だいたい、「啓蒙」とは何様なのか?と。常に正しいことを言う人間など居ないわけで、大事なのは熟議であると私は思っている。(実は一般意志2.0で東浩紀は『熟議』という形の政治を否定してはいるのだが)だから、「啓蒙」などというとても上から目線で、酷く高圧的な発想が嫌いである。ナショナリズムには、自由主義や社会主義や共産主義のような哲学的な基礎が欠けている。にも関わらず、それは不思議なことに世界中の人々を惹き付け続けている。その事実は、ナショナリズムの力が、理性ではなく欲望に、国民の意識ではなく無意識に根ざしたものであることを意味している。ナショナリズムとはまずは情念の問題なのだとすれば、ナショナリズムに駆動された国民に対して、欲望の対象がいかに魅力を欠いているのか(国家がいかに虚像で覆われているか)、欲望の実現がいかに「高くつく」ものなのか(排外主義がいかに経済的に損になるか)、一生懸命説いたとしてもたいして効果は望めないのもまた当然のことだろう。実際に過去四半世紀、知識人たちは理知的なナショナリズム批判をあちこちで繰り返してきたが、政治的にはほとんど影響力を持つことができなかった。ネイションはいまでも欲望されている。ナショナリズムもまた、理性や言葉の力ではどうにもならない物質性を帯びていたのである。大衆はナショナリズムに走る理由はなんなのか?というと、それはもう本能的なものであるとしか言いようがない。『個』で考えると、ナショナリズムは非効率的なものに過ぎないのだが、『国』で考えると、ナショナリズムはある程度必要に なるのである。それを理解しやすくするために思考実験をしよう。A国とB国があるとする。その2国は隣り合っている。A国はナショナリズムが浸透している国だ。良く言えば規律を遵守し、愛国心の強い国民が多い。悪く言うと盲目的だ。B国はリベラリズムが浸透している国だ。良く言えば自由な国だ。悪く言うと自分勝手で利己的な国民が多い。ある日、様々な事情から、A国とB国は戦争状態になった。A国とB国の国力が同程度のものだとしたら、どちらが勝ちやすいだろうか?結論から言うと、勝ちやすいのはA国である。A国の国民はその愛国心の高さから志願兵は続出するし、士気も高い。B国の国民はあまり戦争に参加したがらない。それを見かねた政府が徴兵制を導入すると、国外逃亡する国民まで出て来る始末だ。つまり、人間の殺し合いである戦争の歴史から自然発生し発展した概念がナショナリズムなのである。そのナショナリズムが情念的で、理性を欠いているのは当たり前のことなのだ。もう書くのは疲れたのでここらへんにしとくが、引用した文章は実は一般意思2.0の主題部分ではない。主題部分ではないのだが、東浩紀という人間の個人的な思想に共感し、ここが気に止まってしまった。なにはともあれ、『一般意志2.0』を通して東浩紀は要するに何が言いたかったのか?というと・国の政治は国民の『一般意志』に基づいて行われるべきである、とルソーは主張していた・現代のIT技術を駆使することで、国民の無意識に存在する『一般意志』をある程度掬い上げることは可能・その掬い上げられた『一般意志』を意識して政治は行われるべきということである。(と私は解釈した)

共産党を支持する人って?

ずっと前から疑問に思っていたことがある。『共産党支持者は、共産主義者なのか?』ということだ。 まず、共産党の公式ホームページのQ&Aを見て、共産党の政策を確認したい。 Q:ホントに共産主義をめざしてるの?A:ハイ、めざしています。資本主義が未来永劫つづく制度だとは考えていないからです。 私たちのめざす共産主義社会は、旧ソ連や中国とはまったくちがいます。中国はまだ社会主義に到達してなどいません。専制政治に変質した旧ソ連はもちろん論外です。「人間の自由」を本格的に全面的に実現する社会、それが私たちがめざす共産主義です。 ただ、日本ですぐに共産主義にすすむ条件はありません。まずは、あまりにいびつな"ルールなき資本主義"をただす民主主義的な改革が当面の目標です。「こんどは共産党かな? でも...」というみなさんへ 共産党AtoZごらんください - 特集 これを見れば、共産党はその名の通り、共産主義を目指しているということになる。ならば、共産党支持者は皆、共産主義者なんだろうか?実はそうでもないんじゃないかと、個人的には思っている。共産党はその主義主張からして、自民党とは絶対に相容れない存在である。だから、「自民だけは何がなんでも嫌だ!」という人が、反自民の旗印として共産党に投票することもあるだろう。だが、それであっても、共産党を支持するのは、はっきり言ってありえない行為だと私は思う。その理由はいくつかあるが、一番大きな理由は安全保障に対する思想である。 〈問い〉 日本共産党は軍隊について、どのようなお考えをお持ちでしょうか? 仮に政権をとった場合には、軍隊をどのように位置づけ、対応されるのでしょう。綱領を拝見してもそれらしきことがでていないのでおたずねします。(三重・一読者)〈答え〉 日本共産党は、綱領で「社会主義・共産主義の社会がさらに高度な発展をとげ、搾取や抑圧を知らない世代が多数を占めるようになったとき、原則としていっさいの強制のない、国家権力そのものが不必要になる社会、人間による人間の搾取もなく、抑圧も戦争もない、真に平等で自由な人間関係からなる共同社会への本格的な展望が開かれる」と、国家権力の一部である軍隊が不必要な戦争のない未来社会を展望しています。軍隊の廃止や戦争の根絶が実現すれば、人類史の新たな段階を画することになります。 エンゲルスは、将来の共産主義社会で常備軍(軍隊)が不必要になる最大の理由について次のように述べています。 「今日の社会になくてはならない、きわめて費用のかかる施設のひとつは常備軍である。常備軍は、住民中のもっとも強壮で有用な部分を国民から奪い、このようにして不生産的にされたその部分を養うことを強制する。常備軍がどんなに費用がかかるかを、われわれはわれわれ自身の国家予算で知っている。すなわち、年に2400マルクを要し、もっとも強壮な働き手を20万人も生産から奪っている」「現在、文明国民が軍隊によって奪われている無数の労働力は、共産主義組織のもとでは労働に返還されるであろう」(「エルバーフェルトにおけるふたつの演説」、『マルクス=エンゲルス全集』第2巻)。 軍隊の廃止は、ばく大な軍事費の平和的活用という国家財政の画期的転換をきりひらくことになり、日本経済の国民本位の改革にとっても大きな意義をもちます。 このような展望をふまえつつ、日本共産党は軍隊である自衛隊の措置について明らかにしています。 いま、自民党はアメリカの世界戦略の一翼を担い、日常的に自衛隊の海外派兵ができるようにと、憲法9条を削除して、自衛隊を「自衛軍」にする「新憲法草案」(05年11月)を発表し、軍国主義復活をめざす動きを強めています。 日本共産党は戦争や軍隊のない社会主義・共産主義の社会をめざしますが、まず異常な対米従属と大企業・財界の支配を打破する資本主義の枠内での民主的改革をめざしています。 自衛隊の海外派兵をやめ、軍縮の措置をとること、日米安保条約を廃棄した後、国民の合意での自衛隊の解消(憲法9条の完全実施)をすすめていきます。「軍隊をどう考える」? 私は安全保障に対する考え方は大きく分けて4つに分類されると思っている。日米同盟を強化するべき日米同盟を現状維持するべき日米同盟を解消し、自衛隊を国防軍化するべき日米同盟も自衛隊も解消するべきこれで言えば、共産党は4に該当することになるだろう。なんというか、私は4だけは何があっても絶対にありえない思想だと思っている。もし仮に共産党が政権を取ることがあったとしても、4が実行されることは絶対にないと確信している。その根拠は、1994年に発足した村山内閣である。村山富市の所属する社会党は、自衛隊や日米安保や原発を否定していたにも関わらず、政権を握った途端それらを180度変更し、肯定してしまったのだ。連立政権であったがために多少の方向転換は仕方ないにしても、180度も転換してしまうのは如何なものか。共産党は社会党のようにはならないと、どうして言い切れるだろうか。 思想家の東浩紀はこう述べている。他方で共産党にも入れる気にならない。理由は2つある。第一に共産党は本気で政権を取る気がない。それは政策一覧を見ればわかる。夢ばかりだ。第二に共産党の党是である護憲が承認できない。憲法は、国民が政府の行動を制約するために存在している(立憲主義)。だとすれば、憲法は、普通の国民が理解できる普通の日本語で書かれなければならない。一部の憲法学者だけが理解できるような特殊な用法があってはならない。そして普通の国民が普通に読めば、現行の9条は明らかに自衛隊の存在と矛盾している。この矛盾を放置し、一部学者の特殊な解釈を金科玉条のごとく掲げて(それは解釈改憲ならぬ解釈護憲と呼べる)、9条と自衛隊の両立を説く護憲は、すべて欺瞞だとぼくは考える。ぼくは民進党に入れる私はこの意見に全く同意である。ただ一つ同意できない点があるとすれば、東浩紀は改憲の必要性があると考えているにも関わらず、改憲勢力に対して投票をする意思がないということだ。9条と自衛隊の両立を説く護憲が欺瞞だと言うのならば、改憲を訴える自民や維新などの改憲勢力を支持するべきではないのだろうか? それはともあれ、つまり私は何が言いたいのかというと、私には、共産党は何のイデオロギーも持っておらず、党としての存在意義が「反自民」に成り下がっているようにしか見えないということだ。

ヒトラーが生まれなかったら、第二次大戦は起こらなかった?

ヒトラーという政治家を選んだのは紛れもないドイツ国民である。ヒトラーの思想に多くのドイツ国民は陶酔し、賛同した。では、なぜヒトラーは、ドイツ国民の民意を得られたのだろうか? 1928年のナチス党はわずか12議席だった。しかし、その後、ある出来事をきっかけにナチス党は大躍進をする。1929年10月24日「暗黒の木曜日」にニューヨーク株式市場の株価が大暴落した。世界恐慌である。その影響はドイツにも波及し、3人に1人が失業者という状況にまで追い込まれる。そして、1930年には107議席にまで一気に勢力を拡大する。ナチスの根本をなす思想は民族主義であった。「ゲルマン民族は世界で1番偉大で優秀な民族である」、と。自信を失いつつあったドイツ国民にとって、ヒトラー率いるナチス党の主張はとても気持ちの良いものに聞こえたであろう。そして、ドイツ国民の怒りの矛先は諸外国と、国内のマイノリティ人種に向かう... だが、このような民族主義は別に珍しいものではない。人は多かれ少なかれ、自分の所属する大きい枠組みにアイデンティティを求める。それは出身の町であったり、市であったり、県であったり、高校であったり、大学であったり、国であったり、人種であったりする。自分の立場が悪くなればなるほど、人はそういったものに縋るようになる。 元々極右政治家は存在していて、不況などが契機となって、そういった政治家にスポットライトが当たる。ドイツではヒトラーにスポットライトが当たったが、もしヒトラーが居なかったら、ヒトラーに近い人物にそのライトは当たっただろう。 イギリスのナイジェル・ファラージフランスのマリーヌ・ルペンオランダのヘルト・ウィルダースアメリカのドナルド・トランプ 例を挙げるとキリがないが、極右政治家というのはどこの国にも存在する。 スポットライトがどこに向くのかは、国民次第である...

言語の「正しさ」は何で決まる?

まず、言葉は何のためにあるのか。言わずともがな、コミュニケーションをとるためである。例えば、日常生活を送る中で『相手の手元にあるリモコンを渡して欲しい時』があったとする。そういう時我々は「リモコン取って」と言って、それを聞いた相手は手元にあるリモコンを渡すだろう。これは『リモコン』という名称のモノがこの二人の間で相互に認識が一致してるから成り立つやりとりなのである。極端な話、『リモコン』は別にリモコンという名称である必要はなく、『ああああ』でも『いいいい』でも構わないのだ。コミュニケーションを交わす相互の関係で認識が一致してさえいれば。 最近、言葉の誤用や読み間違いについての話題がよく挙がる。例えば『確信犯』という言葉。実は『悪いことであるとわかっていながらする犯罪』ではなく『信念に基づいて正しいことだと思い込んでする犯罪』が本当の意味である、とか。しかし、言葉の使い方が正しいとか間違っているとかって、誰が決めることなんだろうか? ここで一種の思考実験をしたい。元々、『正しい』意味で使われていた言葉があったとする。しかし、年月が経つにつれて、その言葉は『誤用』されることが増えて、最終的にはその言葉を『誤用』している人しか居なくなってしまったとする。そのとき、本当にその言葉の『正しい』意味を知っているあなたは、『正しい』言葉遣いをする必要があるだろうか? 相手が『誤用』をしているときに、逐一、「それは誤用だよ、本当はこっちの使い方が正しいんだよ」と指摘し続けるだろうか?

橋下VSマック赤坂について

録画してあった橋下羽鳥の番組を観た。今回はいつもとは少し趣向が異なり、橋下とゲストで一対一で討論を行うという企画のようだ。まず最初のゲストはマック赤坂。名前だけなら知っているが、実際にこういう対談などを見るのは初めてだったので、少し驚いた。まず、どういう政策を訴えているのか?とかそういう根本的なことすら知らなかったし。まず最初の議題は安全保障についてだった。マック赤坂の主張はこうだ。「そもそも自衛隊と日米安保は何の牽制にもなっていない。」「自衛隊も日米安保も必要ない。」「中国やロシアや北朝鮮が攻めてくることはない。」まあ、よくある護憲論者の主張だなあと思った。それに対しての橋下の反論はこうだ。「平成27年には航空自衛隊は873回もスクランブル発進をしている。もし自衛隊や日米安保がなくなれば、中国やロシアの戦艦が日本の領海を平気で行き来するようになるだろう。僕はそれは嫌だ。」「自衛隊と日米安保は抑止力になっている。」「『相互破壊確証』で均衡が保たれているのが今の国際社会の現状。」という、、、安全保障の討論になるとこのような流れはよくあるのだが、はっきり言って左派論客の分が悪いように思える。だいたい、軍隊やそれに準ずる組織を保持していない国が世界にどれだけあるのか?軍事的同盟を組んでいない国がどれだけあるのか?という話である。理想論を語るのなら、そりゃあ世界から軍隊は無くなった方がいい。しかし、しかしである。世界から軍隊が無くなることは残念ながら無い。護憲派の主張は『頭がお花畑』であると言わざるを得ないだろう。

モノの価値は誰が決めるの?

モノの価格は何によって決まるのかご存知だろうか。それは、需要に対してどれだけの供給があるか?である。供給が少なくて需要が多いモノの価格は高くなり、供給が多くて需要が少ないモノの価格は安くなる。共産主義圏など一部の国ではこの法則は適用されてはいないが、少なくとも資本主義経済においては多くの場合でこの法則がまかり通っている。 "多くの場合で"ということは、この法則が当てはまらないケースもあるということだ。代表的なケースは『コンサートのチケット』などだろうか。 有名アーティストのコンサートのチケットなどは発売開始後数分で全てが売り切れてしまうケースもあるという。これはまさに需要と供給が釣り合っていないケースだろう。コンサートなどの座席の価格設定は主催者が決めることである。では、その価格設定を上げれば、その価格には手を出せないという人が出てきて、需要と供給が釣り合うようになるではないだろうか?じゃあ、なぜ主催者側はそうしないのか?いくつか理由を考えてみた。裕福でないファンにも来てもらいたいからあえて倍率を上げることで、チケットのプレミア感を演出したいからその他『裕福でないファンにも来てもらいたいから』というのは至極真っ当に聞こえる理由だろう。特に、若者などはそれほどお金を持っていないことが多い。コンサートのチケットの価格を釣り上げた結果、来場者の年齢層が高くなってしまうということも有りうる。若者ウケということを考えると、それは望ましいことではないかもしれない。『あえて倍率を上げることで、チケットのプレミア感を演出したいから』というのは、『○○のコンサートのチケットが発売開始後〜分で売り切れに!』などというニュースが宣伝になるという目論見が含まれている。別のケースでいうとラーメン屋の行列などが該当するだろう。行列ができている店→人気→美味しいに違いない! と客は思うだろう。あえて行列をつくることで新たに客を呼び、また行列が長くなるという連鎖である。ラーメン屋が戦略としてあえて座席数を減らすということもあるくらいだというから、この戦略の効果が絶大であるのは間違いない。『その他』は、今思い浮かばなかったやつである。コメ欄とかで指摘されたら後で加筆したい。